新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
連載特集

救急医療機関代表者が医療用防護具の生産・供給の協力呼びかけ

公開日

2020年04月08日

更新日

2020年04月08日

更新履歴
閉じる

2020年04月08日

掲載しました。
55b83f0ef6

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「緊急事態宣言」の対象7都府県の救急医療機関代表者が連名で7日、医療従事者個人用防護具の安定供給に関し、民間企業などに向けて緊急の協力依頼を公表した。

それによると、最前線に立つ医療従事者の防護が不十分な状態で対応することはままならないが、医療現場は個人用防護具の圧倒的な不足にあえいでいる。今後、患者が急増することが予想される中でマスク、フェイスシールド、ガウンは不可欠で、特に「N-95マスク」は危機的な不足状態にあり、このままでは医療従事者が感染のリスクにさらされ、治療を遂行することができない、としている。

N-95マスクは0.3μmの微粒子を95%以上取り除くことができる高性能の防護具で、治療にあたる医療従事者をウイルスなどの感染から守るもの。

協力依頼では、N-95マスクの国内生産やそれに代わるアクリル製の患者頭部被覆箱などの生産と供給について、企業や団体に至急検討を呼び掛けている。協力できる企業・団体は以下のフォームに連絡先を記入すると、折り返し事務局から必要な機能などについて連絡がある。

ご協力についてのお問い合わせフォームはこちら

防護具不足に対する医療機関・福祉施設などからのご意見はこちら

特集の連載一覧

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

特設サイトを見る

気になる症状をオンラインで医療チームに相談ができます

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

アプリから医療相談する
初回
無料

東京海上日動火災保険・ 東京海上日動あんしん生命のお客様 は、期間限定無料で医療相談が可能です。