S414x320 9a1cae21 b657 43f1 b03f 48d473e5404d

インタビュー

公開日 : 2017 年 08 月 10 日
更新日 : 2017 年 08 月 10 日

前立腺がんのロボット手術と合併症-尿漏れや性機能障害などの後遺症を減らすために

体の深部に位置し、排尿の調節を行なう尿道括約筋や、性機能を司る多数の神経と密に接している「前立腺」。前立腺にできたがんを切除するための手術は、外科のなかでも非常に難しく、尿漏れ(尿失禁)や性機能障害といった合併症が起こりやすいことでも知られています。

近年になり、手術支援ロボット「ダヴィンチ®」が登場したことで、これらの合併症は減少し、回復も通常の腹腔鏡手術に比べて早まりました。そのため、広島大学病院ではダヴィンチ®を2台導入し、すべての前立腺がんの手術を、ロボット支援のもとで行っています。

前立腺がんの手術後に起こりやすい合併症と、ダヴィンチ®を用いた手術のメリットについて、広島大学病院泌尿器科診療科長の松原昭郎先生にお伺いしました。

前立腺がんの手術適応-早期限局がんが対象

前立腺がんの患者さんのうち、手術治療の対象となるのは限局がん(ステージA・B)の方です。ただし、ステージCのうち、一部の患者さんは手術適応となる場合があります。

ステージCの前立腺がんとは、前立腺の被膜を超えて浸潤しているものを指しますが、これはあくまで診断や治療方針を決めるための定義に過ぎません。実際には、がんが被膜を超えているかどうかの判断が非常に難しいケースも多く、手術を行ってはじめて浸潤していないことがわかる例もあります。そのため、診断上はステージCでも、手術を行なうことがあるのです。

また、前立腺がんは進行が遅いがんとして知られていますが、上記のようにステージの判断が難しいケースのうち、特に患者さんの年齢が若い場合は、生命予後を伸ばしたいという気持ちで手術を選択することもあります。ですから、治療選択の際には、患者さんとの話し合いを重ね、個々人の背景をみることも大切です。

また、最近になり、転移のあるステージDでも、前立腺を摘出することで生命予後が延伸したというデータが報告されました。これにより、手術適応の範囲にも変化が生じはじめています。

前立腺がん手術の合併症①腹圧性尿失禁(尿漏れ)

前立腺がんの手術で起こり得る主な合併症は、腹圧性尿失禁と性機能障害、出血の3つです。腹圧性尿失禁とは、咳やくしゃみなどをして腹部に力が入ったときに、少量の尿漏れが起こる合併症です。

なぜ前立腺がんの手術後に尿失禁が起こるのか?

男性の場合、排尿の調節は尿道括約筋と前立腺、2つの器官によりなされています。そのため、尿道を閉める力は、女性に比べ男性のほうが強いとされています。しかし、手術により前立腺を摘出してしまうと、排尿の調節を行う器官は尿道括約筋のみになります。これが、術後に尿失禁が起こる原因のひとつです。

ただし、前立腺がんを摘出したとしても、尿道括約筋が正常に機能している限り、問題となるような尿失禁が起こることはほとんどありません。

前立腺がんの手術後に多くの患者さんに尿失禁が起こる最たる理由は、手術時に尿道括約筋にまで、物理的な影響が及んでしまうためです。図を用いてご説明しましょう。

前立腺

記事1『前立腺がんの原因と症状とは? ステージごとの治療法と早期発見の重要性』でも述べたように、前立腺を果物に見立てると、前立腺がんの大半は皮の部分に生じます。特に、「尖部(せんぶ)」と呼ばれる前立腺の下側に生じることが多く、この場合は、がんを切除するために、尿道括約筋を前立腺尖部から剥がすような操作を加えなければなりません。

この操作によって、尿道括約筋に物理的な影響が出る患者さんもいます。

このように、重要な組織と密に接している前立腺がんの外科的な治療には、他部位を損傷させるリスクがあるという難しさがあります。泌尿器科を中心に、ロボット支援手術が始まったのも、このような理由によります。

※前立腺がんのロボット手術は後段をご覧ください。

前立腺がんのページへ

関連記事