【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 87021260 c26f 44cc 816c ff87b9ddb933
脳卒中の回復期にリハビリを行う理由
回復期にリハビリを行うことは、患者さんにとってどのように効果があるのでしょうか。大泉学園複合施設ねりま健育会病院リハビリテーション部 作業療法士の二瓶太志先生にお話をうかがいます。脳卒中の回復期...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

脳卒中の回復期にリハビリを行う理由

公開日 2016 年 02 月 21 日 | 更新日 2018 年 01 月 09 日

脳卒中の回復期にリハビリを行う理由
二瓶 太志 さん

大泉学園複合施設 ねりま健育会病院 リハビリテーション部

二瓶 太志 さん

回復期にリハビリを行うことは、患者さんにとってどのように効果があるのでしょうか。大泉学園複合施設 ねりま健育会病院 リハビリテーション部 作業療法士の二瓶太志先生にお話をうかがいます。

脳卒中の回復期とは

脳卒中を発症した場合、救急で病院へ運ばれるとすぐに治療が行われます。これを「急性期治療」といい、発症した脳卒中の症状に対して治療を行うことを目的としています。この急性期治療で優先されることは、まずは命を落とさないようにすること、脳の機能をできるだけ損なわないようにすることです。

そして、「急性期治療」を終えた患者さんには次の治療のステージが訪れます。病気の発症によって失った機能を回復する時期です。これを「回復期」と呼びます。回復期は、病気を発症して急性期治療が行われてから2~6ヶ月後あたりまでの期間を指します。特に、感情や全身の機能に影響を及ぼす脳卒中の場合、この回復期の治療が非常に重要な意味を持ちます。

なぜ回復期と呼ばれるか、なぜその時期にリハビリを行うのか

竹川病院の回復期リハビリテーションでは、リハビリ病棟入院時に退院時の機能予後予測を行い、そのゴールを目指して訓練計画を進めます。すなわち、可能な範囲で機能と能力を高めるためには、身体を動かさない期間をできるだけ短くし、身体が固まってしまわないように動かす必要があるのです。また、回復期では、最大限の機能回復と生活能力の向上を図っていくとともに、退院後の在宅生活が継続できることをイメージしてリハビリを進めていくことが大切です。退院にあたっては家屋環境調整、在宅サービス調整などを行い、家族指導、退院後リハビリメニューの組み立てと生活スケジュールの組み立ても同時に行っていきます。

回復期は、病気を発症したご本人、そのご家族ともに障害と向き合わなければならない時期で、さまざまな心理変化が起きやすい時期です。たとえば、今まで元気にバリバリ仕事をしてきたお父さんが突然脳卒中で倒れてしまった場合など、ご家族はもちろん、何より患者さんご本人がショックを受け、なかなかその状況を受け入れられず、ご自分の状況を否認・拒否してしまいます。しかし、今の自分と向き合いうまくやっていく方法を学び、これからの活力を生み出すきっかけをつかんでいただくのが回復期の大事な役割の一つだと思っています。病院で次の人生のステージの準備をしていただく。まさに回復期は、患者さんがその人らしい日常に戻っていくために生活を組み立てる「回復」作業にもっとも適している時期なのです。

回復期リハビリテーションの発展

脳卒中からの回復には、3段階の治療が必要です。命を落とさないための「急性期」治療、そして人生を取り戻すための「回復期」リハビリテーション、そしてもう1つが「慢性期」リハビリテーションです。脳卒中のリハビリをより効果的に行い、可能な限り機能回復するためには、適切な時期に行う必要があります。

『回復期リハビリテーション医療制度』は、2000年に厚生労働省が発表した「脳卒中を発症した患者さんをできるだけ早くリハビリ病棟へ移し、日常生活に必要な身体機能を取り戻すためのリハビリをできるだけ早く開始しよう」という考えかたの指標です。重い後遺症を防ぐために、脳卒中の急性期治療やその予後の治療研究は急速に発展しています。

関連記事

後遺症と人生を回復する脳卒中リハビリテーション

みなさんは、「作業療法士」という職業をご存知でしょうか。作業療法士とは、身体に起きた機能障害を回復する手助けをする職業ですが、その仕事内容は幅広く、障害の起きた原因の数だけさまざまなアプローチや治療法が存在します。

この記事の目次

  1. 作業療法士の役割
  2. 脳卒中専門の作業療法の難しさ
  3. リハビリがうまくいかない理由

発展する脳卒中のリハビリテーション

よりよいリハビリを受けたい、より自分に合う作業療法士と出会いたいと望むのは、治療に取り組む患者さんやご家族にとって当然のことでしょう。現在のところ、どんな病院が自分に合っていてどんな作業療法士を探せばよいのか、その基準となるはっきりした指標がないためリハビリに課題を抱えていらっしゃる方も多いかもしれません。

この記事の目次

  1. 自分にとってよい作業療法士やリハビリ施設を探すことは可能なのか
  2. 評価指標の例
  3. 回復期リハビリテーションのその後
  4. リハビリテーションの未来

脳卒中のリハビリテーションと就労支援

脳卒中は高齢になるほどリスクが高くなるとされています。しかしその内訳をみると、脳梗塞を発症する方が高齢者中心であるのに対して、脳出血は30代、40代の方が発症する例も珍しくありません。

この記事の目次

  1. 個人に合わせたリハビリテーション
  2. 高次脳機能障害
  3. 職業復帰をサポートする就労支援コーディネーター

脳卒中における回復期のリハビリテーション

脳卒中のリハビリテーションにおいては、急性期の治療直後から早期にリハビリテーションを開始することが重要です。しかし、多くの患者さんはその後もさらに継続的な治療とリハビリテーションが必要となります。

この記事の目次

  1. 脳卒中における回復期のリハビリテーション
  2. 大森本院と蒲田分院の各サービスの連携
  3. 脳卒中の後遺症は継続した治療とリハビリが必要
  4. トータルケア・システム

脳卒中の後遺症と復職を目指したリハビリのポイント-麻痺などの後遺症と復帰前の注意点

脳の血管に何らかの障害が起こり、ある日突然に発症する脳卒中。手足の麻痺症状や筋肉の硬直などの後遺症に直面し、「もう自分は職場に戻れないのではないか」と悩んでしまう就業中の患者さんも多数おられます。

この記事の目次

  1. はじめに-脳卒中の後遺症は改善できる
  2. 記憶障害などの高次脳機能障害も脳卒中の後遺症のひとつ
  3. 脳卒中後の復職-精神的な疲れやすさ「易疲労性」の克服が重要
  4. 復職後に精神障害をきたす脳卒中患者さんを減らしたい
  5. その他の代表的な脳卒中の後遺症
  6. 脳卒中後の復職のカギは後遺症の有無だけではない
  7. 脳卒中の後遺症により仕事を辞めるか悩んでいる方へ

脳卒中の後遺症とリハビリが必要な症例

最近ではカテーテル治療などが発達し、もし脳卒中を発症してもすぐに亡くなってしまうことが少なくなりました。しかしその代わりに、後遺症に苦しむ患者さんも少なくありません。

この記事の目次

  1. 後遺症を発症しやすい脳卒中
  2. 脳卒中を発症したら必ずリハビリをするの?
  3. リハビリが必要なのはどんな症状?

脳卒中の急性期リハビリテーション

脳卒中における障害をいち早く回復させるためには、リハビリテーションの方法が非常に重要なポイントとなります。リハビリテーションには急性期のリハビリと回復期のリハビリがあり、患者さんがどの段階に該当するかによってリハビリの内容も異なってきます。

この記事の目次

  1. 急性期の脳卒中リハビリテーション―迅速なリハビリへの着手が重要不可欠
  2. 急性期リハビリテーションへのタイムリミットは「2週間」
  3. リハビリテーション制度の遷移―回復期リハビリテーション医療制度ができるまで

「人が人を治療する」をモットーに、リハビリは生活機能だけでなく脳卒中患者とそのご家族が人生を取り戻すものととらえ、日々現場臨床に携わる。急性期、回復期、生活期と幅広い領域での臨床経験と総合リハビリ病院開設の経験も生かし、脳卒中障害の理解やリハビリテーションの重要性を広めるべく、地域の講演会などにも積極的に参加している。

関連記事