【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 cc02474e 3804 4e3a 9f69 ebf8b51a96f6
発展する脳卒中のリハビリテーション
よりよいリハビリを受けたい、より自分に合う作業療法士と出会いたいと望むのは、治療に取り組む患者さんやご家族にとって当然のことでしょう。現在のところ、どんな病院が自分に合っていてどんな作業療法士を...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

発展する脳卒中のリハビリテーション

公開日 2016 年 02 月 23 日 | 更新日 2018 年 01 月 09 日

発展する脳卒中のリハビリテーション
二瓶 太志 さん

大泉学園複合施設 ねりま健育会病院 リハビリテーション部

二瓶 太志 さん

よりよいリハビリを受けたい、より自分に合う作業療法士と出会いたいと望むのは、治療に取り組む患者さんやご家族にとって当然のことでしょう。現在のところ、どんな病院が自分に合っていてどんな作業療法士を探せばよいのか、その基準となるはっきりした指標がないためリハビリに課題を抱えていらっしゃる方も多いかもしれません。しかし、インターネットの普及などにより、私たちが知ることができる情報もあります。大泉学園複合施設 ねりま健育会病院 リハビリテーション部 作業療法士の二瓶太志先生にお話をうかがいます。

自分にとってよい作業療法士やリハビリ施設を探すことは可能なのか

どんな病院に「自分にとって」よりよい作業療法士が所属しているかは、残念ながら病院が発表しているデータなどからは分からないと思います。しかし、客観的な要素としては、リハビリ専門医がいるかどうか、病床数に対してセラピストは何名いるか、疾患別リハビリテーションの施設基準は何か、回復期リハビリテーション病棟の施設基準は何か、充実加算や休日加算はとっているか、治療成績はどうかなどで、ある程度のリハビリテーションの質は確認できるのではないでしょうか。

評価指標の例

たとえば、休日加算や充実加算は回復期リハビリテーションの質や量の評価指標です。これらは病院が評価するものですが、ひとつの判断基準になりますので雑誌や病院のホームページで確認してもいいでしょう。

休日加算

それぞれの施設において、休日を含めたすべての日においてリハビリを提供できる体制を整えているかどうかの指標。回復期リハビリテーションが提供されている患者さんに対し、曜日により著しい差がないような体制をとらなければならない。休日の1日あたりのリハビリ提供単位数は2単位以上という決まりがある。

充実加算

回復期リハビリテーションを必要とする患者さんに対し、1日あたりのリハビリ提供単位数がどのくらいかを表した指標。1日あたりのリハビリ提供単位数は6単位以上という決まりがある。

また、これも病院が発表している指標ですが、ADLやFIMなどの点数の伸びがよい病院にも注目するといいかもしれません。

ADL(日常生活活動)

食事や排泄などの目的を持った動作で、一人の人が独立して生活するために行う毎日繰り返される一連の基本的な動作のこと。

FIM(Functional Independence Measure/機能的自立度評価表)

患者さんが、日常生活活動をどのくらいまでできているかご自分で判断した指標。評価項目は、食事や排泄コントロールなどの運動と、社会交流や理解などの認知に分かれている。治療効果の判定、予後予測の判断材料にもなる。

今後は、病院や施設が自らブログやFacebookなどを積極的に活用して、何を得意とする病院なのかを患者さんにアピールする機会が増えていくことを期待しています。また、ご家族の方たちも患者の会やネットワークなどに積極的に参加し、実際にリハビリを経験している別のご家族から情報を得ることも多いようです。昔ながらのいわゆる口コミの方法で情報を収集していくのも効果的かもしれません。

回復期リハビリテーションのその後

退院後も、必要に応じて外来によるリハビリや通所リハビリへ好ましい形でつなげていくことが理想的です。そのために、地域にいるケアマネージャーに情報提供をして退院前から一緒に関わってもらうこともあります。そこで退院後の患者さんにどんなサポートが必要か、通院はできるのかなど細かい見極めを行い、回復期リハビリ病棟から送り出すのです。

退院後に受けられるリハビリは、大きく5つに分けられます。施設によって得意とする分野はある程度限定されます。

外来リハビリ(医療保険適用

基本的には急性期治療を行った病院や回復期治療を行った病院で、退院後に継続してリハビリを受けることができる。ただし、受けることのできる外来リハビリの時間や日数については制度によって決まっている。また、病院の外来リハビリの空き枠の関係や、新しい病院で医師がリハビリを処方するかどうかわからないため、希望するタイミングで、希望する病院にかかれない場合もある。通院が必要。ただし、充実した機器を使用できたり、外出機会の創出という面で大きなメリットがある

デイサービス(介護保険適用

基本的に作業療法士などの専門家がいないのが特徴。ただし運動療法士などは常駐していることもあり、設置された機械などを使って自分でリハビリが行えるジムのような施設もある。比較的軽症の方だと無理なく受けられる。基本的に送迎サービスがある。

デイケア(介護保険適用

作業療法士などの専門家常駐が義務付けられている。個別の希望者のリハビリの受け入れが可能な施設。基本的に送迎サービスがある

訪問リハビリ(介護保険適用

自宅での作業に何か問題が生じた場合、理学療法士や作業療法士が動作の改善や指導、手すりの設置など環境の問題点を解決したりアドバイスしたりするサービス。家での問題に関しては、迅速な対応が期待できる。まだ数は少ないが言語療法士による訪問での嚥下や言語訓練を行っているところもある

フリーのリハビリ施設(自由診療

作業療法士などが、個人で開設したリハビリテーション施設。保険適用外だが、施設に空きがあれば望む方がいつでも誰でも利用できる。特殊なスキルを持ち、高い効果が見込める場合もある

退院後のリハビリが、自分で「あまりにも合わない」と感じるようであれば、効果にも影響が出ますので施設を変えるのもひとつの選択肢だと思います。ただし、リハビリテーションは、病気によって期間やリハビリの量などが制度で決められています。たくさんやりたいからといって、いくらでも際限なく行えるものではありません。そのため、ふたつ以上の施設でリハビリを受けることはできません。

また、リハビリテーション制度は保険制度も非常に重視されています。介護保険と医療保険のリハビリの併用はある期間を超えると困難ですし、一度訪問リハビリ(介護保険)を受けた方は、外来リハビリ(医療保険)への変更もできません。リハビリテーションにはさまざまな決まりがありますので、無理をしてひとつ上の段階のリハビリを選んだけれどやっぱりレベルが合わなかった、という状況を避けるためにも、施設をおやめになるまえにセカンドオピニオンを受けたり、情報をしっかり収集するなどして慎重に決断していただきたいと思います。

リハビリテーションの未来

リハビリは、おもに作業療法士・理学療法士・言語療法士によって行われますが、精神面のサポートを手厚くしている施設なども増えています。そういった施設には臨床心理士がおり、身体と心の両面からのサポートが望めます。今後は、独自性がもっともっと顕著になり、より細かな患者さんのニーズに答えられるようなサービスを提供する病院や施設が増えてくるでしょう。入院、外来、地域でのリハビリとさまざまな形態はありますが、高い専門性とチームアプローチの両立が質の高いリハビリテーションの条件だと思います。すでに今リハビリ病院も増え、特殊な技能を得意とする個人が開業したリハビリテーション施設なども生まれていますので、将来的には美容院や習い事を選ぶように、患者さんがご自分でリハビリサービスを選ぶような時代になるかもしれません。

関連記事

後遺症と人生を回復する脳卒中リハビリテーション

みなさんは、「作業療法士」という職業をご存知でしょうか。作業療法士とは、身体に起きた機能障害を回復する手助けをする職業ですが、その仕事内容は幅広く、障害の起きた原因の数だけさまざまなアプローチや治療法が存在します。

この記事の目次

  1. 作業療法士の役割
  2. 脳卒中専門の作業療法の難しさ
  3. リハビリがうまくいかない理由

脳卒中のリハビリテーションと就労支援

脳卒中は高齢になるほどリスクが高くなるとされています。しかしその内訳をみると、脳梗塞を発症する方が高齢者中心であるのに対して、脳出血は30代、40代の方が発症する例も珍しくありません。

この記事の目次

  1. 個人に合わせたリハビリテーション
  2. 高次脳機能障害
  3. 職業復帰をサポートする就労支援コーディネーター

脳卒中における回復期のリハビリテーション

脳卒中のリハビリテーションにおいては、急性期の治療直後から早期にリハビリテーションを開始することが重要です。しかし、多くの患者さんはその後もさらに継続的な治療とリハビリテーションが必要となります。

この記事の目次

  1. 脳卒中における回復期のリハビリテーション
  2. 大森本院と蒲田分院の各サービスの連携
  3. 脳卒中の後遺症は継続した治療とリハビリが必要
  4. トータルケア・システム

脳卒中の後遺症と復職を目指したリハビリのポイント-麻痺などの後遺症と復帰前の注意点

脳の血管に何らかの障害が起こり、ある日突然に発症する脳卒中。手足の麻痺症状や筋肉の硬直などの後遺症に直面し、「もう自分は職場に戻れないのではないか」と悩んでしまう就業中の患者さんも多数おられます。

この記事の目次

  1. はじめに-脳卒中の後遺症は改善できる
  2. 記憶障害などの高次脳機能障害も脳卒中の後遺症のひとつ
  3. 脳卒中後の復職-精神的な疲れやすさ「易疲労性」の克服が重要
  4. 復職後に精神障害をきたす脳卒中患者さんを減らしたい
  5. その他の代表的な脳卒中の後遺症
  6. 脳卒中後の復職のカギは後遺症の有無だけではない
  7. 脳卒中の後遺症により仕事を辞めるか悩んでいる方へ

脳卒中の後遺症とリハビリが必要な症例

最近ではカテーテル治療などが発達し、もし脳卒中を発症してもすぐに亡くなってしまうことが少なくなりました。しかしその代わりに、後遺症に苦しむ患者さんも少なくありません。

この記事の目次

  1. 後遺症を発症しやすい脳卒中
  2. 脳卒中を発症したら必ずリハビリをするの?
  3. リハビリが必要なのはどんな症状?

脳卒中の急性期リハビリテーション

脳卒中における障害をいち早く回復させるためには、リハビリテーションの方法が非常に重要なポイントとなります。リハビリテーションには急性期のリハビリと回復期のリハビリがあり、患者さんがどの段階に該当するかによってリハビリの内容も異なってきます。

この記事の目次

  1. 急性期の脳卒中リハビリテーション―迅速なリハビリへの着手が重要不可欠
  2. 急性期リハビリテーションへのタイムリミットは「2週間」
  3. リハビリテーション制度の遷移―回復期リハビリテーション医療制度ができるまで

脳卒中における回復期のリハビリテーション

脳卒中における障害をいち早く回復させるためには、リハビリテーションが非常に重要なポイントとなってきます。リハビリテーションには急性期のリハビリと回復期のリハビリがあり、患者さんがどの段階に該当するかによってリハビリの内容も異なってきます。

この記事の目次

  1. 回復期のリハビリテーション
  2. 退院後のリハビリテーション

「人が人を治療する」をモットーに、リハビリは生活機能だけでなく脳卒中患者とそのご家族が人生を取り戻すものととらえ、日々現場臨床に携わる。急性期、回復期、生活期と幅広い領域での臨床経験と総合リハビリ病院開設の経験も生かし、脳卒中障害の理解やリハビリテーションの重要性を広めるべく、地域の講演会などにも積極的に参加している。

関連記事