新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

子宮体がんの術後に生じる体への影響は?〜起こりうる合併症と日常生活で気をつけるポイント〜

子宮体がんの術後に生じる体への影響は?〜起こりうる合併症と日常生活で気をつけるポイント〜
進 伸幸 先生

国際医療福祉大学医学部 教授

進 伸幸 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

子宮体がんの治療の選択肢は、がんの進行度合い(ステージ)や状態によって異なりますが、基本的に手術で子宮と卵巣・卵管を全摘出します。また、必要に応じて周辺のリンパ節や組織などを切除することもあります。

この場合の手術では主に開腹手術が選択され、術後は痛みを生じるほか、生活のしづらさなどを感じることもあるといわれます。そのため、最近では一定の施設基準と術者基準を満たす場合、早期の子宮体がん症例では腹腔鏡下手術、ロボット支援下手術など、術後の負担が小さい手術を選択できることも増えてきました。

本記事では子宮体がんの術後をテーマに、術後に生じる体への影響や術後の注意点などについて詳しく解説します。

子宮体がんの手術は基本的に開腹手術が行われ、切った箇所に痛みや傷が生じることがあります。痛みがあると、下腹部に力を入れづらくなり、起き上がったり立ち上がったりするのが困難になるほか、しばらくは移動やトイレに苦労することがあります。ただし、硬膜外麻酔も併用している場合は痛みは軽減されます。

また、開腹手術では恥骨(ちこつ)の上から下腹部、上腹部まで切開が必要となるため、腹部に大きな傷が残ります。しかし、腹腔鏡下手術の場合は、下腹部周辺に5mm~1cm程度の傷がいくつかできる程度です。

術後の痛みは、手術創部(手術でできた傷)の大きさに関連します。前述の通り、子宮体がんの手術では主に開腹手術が選択されますが、腹部を大きく切開する必要があるため、傷も大きく、痛みが生じることがあります。しかし、腹腔鏡下手術を選択すると、このデメリットが大幅に軽減されることになります。

腹腔鏡下手術とは、腹部に小さな穴をいくつか開けて、腹腔鏡(医療用のカメラのようなもの)と鉗子器具を入れ、モニターを見ながら行う手術のことです。開腹手術に比べて傷が小さく、痛みも少なくなります。さらに、入院期間も短く済むため、体力回復、社会復帰も早くなるというメリットもあります。

しかし、全ての方が腹腔鏡下手術を選べるわけではありません。ステージやがんの状態、病院によってはできなかったり費用が高額になったりすることもあるため、手術法に関しては医師とよく相談するとよいでしょう。

図1 (1).png
手術室風景

子宮体がんでは、手術をすることによってステージを確定する“手術進行期分類”を用いています。そのため、手術でステージやがんの状態を確認した後、必要に応じて追加で治療が行われることもあります。子宮体がんの術後に行うことがある治療は、以下のとおりです。

  • 放射線治療……放射線を照射することで、がん細胞を傷付けて小さくします。術後の再発予防のために照射されることもあります。
  • 薬物療法……術後に再発リスクが中程度以上と判断されると、薬物療法が行われることがあります。薬物療法には、細胞障害性抗がん薬(抗がん剤)を用います。
  • 緩和ケア……緩和ケアは、本来はがんが進行してから行うものではなく、がんと診断されたときからQOLを維持するために行うことが可能なものです。術後は体や心の苦痛、さまざまな症状を和らげることを目的とするので、医師と相談してみるとよいでしょう。

子宮体がんの術後には、以下のような合併症が起こることがあります。いずれも気になる症状がある場合は、早めに医師に相談し、医師の判断を仰ぎましょう。また、合併症に対する治療・ケア法については自己判断で行うのではなく、必ず医師の指導の下で行うようにしましょう。

骨盤内や脚の付け根のリンパ節を取り除くとリンパの流れが(とどこお)り、下半身がむくむことがあります。しかし、術後すぐにむくみが現れるとは限らず、数年後に起こることもあるため注意が必要です。なお、リンパ節を切除した後に放射線治療を追加した場合は、よりむくみが出やすくなるとされています。

むくみに対する治療

リンパ節を切除した後に起こるむくみを放置すると、脚がどんどん腫れてしまうことがあります。そのため、以下のような予防・ケア法を指導されることがあります。

  • スキンケア

脚の乾燥やひび割れが起きるとそこから細菌が入り、太ももや下腹部のあたりで炎症することがあります。長時間水に入ることは避け、入浴後はクリームなどで保湿をするとよいでしょう。ただし、脚が赤く腫れたときは急ぎの受診が必要な場合があります。

  • 着圧ストッキングをはく

着圧ストッキングをはくと、皮下組織に水分がたまりづらくなります。そのため、寝るとき以外は着用するとよいでしょう。なお、痛みを感じるほどきつい場合は、ゆるいものをはくとよいでしょう。着圧ストッキングは病院内の購買などで販売されていることがあります。

  • 姿勢に気をつける

長い時間立ったまま、座ったままで姿勢を変えないことは避けましょう。また、横になって休むときはできるだけ脚が心臓よりも高い位置になるように、脚を上げるとよいでしょう。

  • ストレッチや散歩

散歩やストレッチなどによってリンパ液の流れが促進されます。脚を上げて動かしたり、脚を下から上にそっとなでたりしてみましょう。ただし、激しい運動や強い力でのマッサージは禁物です。医師に相談しながら行うようにしましょう。

広汎子宮全摘出術などにより排便の調節をする神経が傷付くと、便秘になることがあります。一方、単純または準広汎子宮全摘では排便障害は非常にまれです。また、放射線治療後しばらくして腸の動きが悪くなり、便秘になることもあります。

便秘に対する治療

食物繊維の多い野菜を食べたり、牛乳などを飲んだりするとよいでしょう。食物繊維は便のカサを増したり、軟らかくしたりして便通を改善するとされています。また、牛乳は腸のはたらきを促すとされています。ほかにも、たんぱく質、野菜、果物などをバランスよく取るとよいでしょう。ただし、腸閉塞の傾向がある場合は繊維が少なく消化がいいものを食べるようにしたり、体の調子が悪い場合は絶食することもあるなど、便秘に対する適切な食事は人によって異なるため、気になることがあれば医師や看護師、栄養士と相談しましょう。

食事以外にも、腸管の蠕動(ぜんどう)を促進する漢方の大建中湯(だいけんちゅうとう)や、便を軟らかくする酸化マグネシウムも便秘改善に効果が期待できます。

さらに、運動をしたり毎日決まった時間にトイレに行ったりするのもよいとされています。それでも改善されない場合は、浣腸や下剤を処方してもらうことを検討しましょう。もし24時間以上ガスが出ない、腹痛が強い、嘔吐があるといった場合には、急ぎの受診が必要なことがあるので注意しましょう。

閉経前に卵巣を切除したり放射線治療で卵巣の機能が失われたりすると、女性ホルモンが減って更年期症状のような症状が起きることがあります。これを、卵巣欠落症状といいます。

主にだるさ、食欲低下、イライラ、ほてり、発汗、頭痛、肩こり、動悸、不眠、腟からの分泌液が減る、骨粗しょう症高脂血症といった症状が現れます。人によって症状や発症する期間が異なりますが、若い人に症状が強いことが多いとされています。

卵巣欠落症状に対する治療

血行をよくしたり、精神的にリラックスできるようにしたりすることが大事です。ヨガであれば、ゆっくり体を動かして血行を促進すると同時にリラックスすることができます。

また、精神面では医師や身近な人に話を聞いてもらうだけでもよいでしょう。必要に応じて卵巣欠落症状を緩和する漢方などを用いることもあるため、気になる症状があれば医師に相談してみましょう。

子宮体がんでは、頸部(けいぶ)に進展するステージⅡ期の症例に対して行われる広汎子宮全摘出術*などにより、排尿の調節をする神経が傷付くことがあるため、尿が出にくくなる、尿意を感じない、尿もれするといったトラブルが起きることがあります。さらに、尿がたまっている感覚が分かりにくくなることもありますが、これは1か月ほどで日常生活に支障のない程度に改善するとされています。

ただし、子宮体がんの多くは単純(拡大)子宮全摘か準広汎子宮全摘が用いられるため、これらの場合は排尿障害が起きることはほとんどありません。

*広汎子宮全摘出術:子宮、卵巣・卵管、腟、子宮周囲の組織を含めた広い範囲を切除する手術

排尿障害に対する治療

広汎子宮全摘を受けて排尿しづらい場合は、間欠導尿法(かんけつどうにょうほう)を行うことがあります。これは、尿道から膀胱にカテーテル(細い管)を入れて、カテーテルから排尿させる方法です。

また、尿がたまる感じが分かりづらい場合は、知らず知らずのうちに膀胱に尿がたくさんたまってしまいます。そのため、起床後すぐにトイレに行き、その後は3~4時間ごとにトイレに行くようにします。排尿のときは手で膀胱のあたりを圧迫すると排尿しやすくなります。

上術した合併症のほか、がんの症状や治療に伴う副作用、合併症、後遺症などの予防、治療、ケアを目的に、支持療法が行われることがあります。具体的には、感染症に対して抗生剤を使う、貧血などの場合の輸血療法、吐き気・嘔吐に対する吐き気止めの使用などが行われます。

退院後1か月程度は安静にして過ごす必要がありますが、2か月目からは家事や軽作業をしても問題ないでしょう。その後、徐々に体を慣らしていきます。また、腟の奥の縫合部がきれいになれば入浴も可能です。いずれも医師に確認したうえで行うようにしましょう。

具体的な日常生活上で気をつけたほうがよいこと、過ごし方のポイントは以下のとおりです。

術後は肥満や便秘になることがあるため、バランスのよい食事、食物繊維の多い食材を取ることを心がけるとよいでしょう。

また、卵巣機能が失われたりホルモン療法を行ったりすると、女性ホルモンが減少して骨密度が低下し、骨粗しょう症になることがあります。そのため、カルシウム(牛乳、小魚など)やビタミンD(イワシ、サンマなど)を取るとよいでしょう。

治療中や術後は動くことが少なくなり、肥満や生活の質(QOL)の低下が起こることがあります。できる場合は徐々に適度な運動をしていくとよいでしょう。ただし、術後しばらくは、疲れたらすぐ休むなど無理をしないようにしましょう。

性生活については、基本的に腟の奥の縫合部分がきれいになっていれば問題ありません。しかし、広汎子宮全摘術後は腟が短くなったり、放射線治療後は腟が硬くなったりするため、性生活に支障をきたすことがあります。場合によってはゼリーなどを使用して工夫するとよいでしょう。なお、閉経前の早期の子宮体がんの方で卵巣を温存できた場合は腟が委縮し硬くなることはほとんどありません。

術後は、体調や再発の有無の確認のために経過観察を行います。最初は1~4か月に1回程度、4年目以降は半年に1回程度、6年目以降は年に1回程度通院します。経過観察では、内診や細胞診などの検査を行うこともあります。

子宮体がんの術後は、ほかのがんの術後と同様に、さまざまな合併症が起こる可能性があります。また、傷の痛みなどで生活に不便が生じることもあります。自分でできるケア法などもありますが、いずれも自己判断せずに医師に相談をしてから行うようにしましょう。また、術後に気になる症状があれば、放置せずに医師に相談するようにしましょう。

受診について相談する
  • 国際医療福祉大学医学部 教授

    進 伸幸 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が22件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「子宮体がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。