クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Brain
巨人症
巨人症とは、小児期において成長ホルモンが過剰に存在することから発症する、異常なほどに体が大きくなる病気を指します。成長ホルモンが過剰に存在することから、年齢に比して身長が非常に高くなり、心不全や...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
脳

巨人症きょじんしょう (別:先端巨大症)

巨人症の記事にご協力いただいている医師

  • 周藤 高 先生

    周藤 高 先生

    横浜労災病院脳神経外科 部長

    2015年開催の第16回日本ガンマナイフ研究会で会長を務める。困難な脳神経外科手術とガンマナイフをはじめとした定位放射線治療を両方行っている数少ない脳神経外科医。

  • 高橋 裕 先生

    高橋 裕 先生

    神戸大学大学院医学研究科 糖尿病内分泌内科学 准教授

    日本の間脳下垂体疾患診療、研究におけるフロントランナーの1人。厚労省班会議における間脳下垂体疾患診断ガイドライン作成に関わる一方、研究においては成長ホルモン分子異常症による低身長症、成人成長ホルモン分泌不全症における非アルコール性脂肪性肝炎、下垂体機能低下症の原因となる日本初の新たな疾患「抗PIT-1抗体症候群」など新しい疾患概念を次々と提唱してきた。内分泌代謝科専門医の育成にも尽力している。現在は分子生物学的アプローチ、疾患特異的iPS細胞を用いた下垂体腫瘍、機能低下症など下垂体疾患の原因解明と創薬を目指した研究を進めている。

巨人症の記事一覧