【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 996bc2ff e284 46b1 8d0f c11952e0ae85
肺がんの検査―検診からステージ診断まで
ひと口に肺がんの検査と言っても、早期発見のための検査もあれば、進行の度合いを調べて治療方針を決定する検査もあります。私たちがもしも肺がんと診断されたら、どんな治療を受けることができるのかを正しく...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

肺がんの検査―検診からステージ診断まで

公開日 2015 年 09 月 07 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

肺がんの検査―検診からステージ診断まで
小中 千守 先生

(公財)化学療法研究所附属病院副院長 呼吸器外科部長 国際医療福祉大学 教授

小中 千守 先生

ひと口に肺がんの検査と言っても、早期発見のための検査もあれば、進行の度合いを調べて治療方針を決定する検査もあります。私たちがもしも肺がんと診断されたら、どんな治療を受けることができるのかを正しく判断するためにも適切な検査が必要です。

検査から診断、治療まで迅速に行うことをモットーに、これまで2,000例以上の肺がん手術を執刀された化学療法研究所附属病院副院長の小中千守先生に、肺がんの病期=ステージを診断するための検査についてお聞きしました。

肺がんのステージを決定するための検査

肺がんの検査はその目的によって行う検査の種類が異なります。

  1. 肺がんを見つけるための検査(肺がん検診)
  2. 確定診断検査(見つかった病変ががんであることを確認するための検査)
  3. 肺がんの進行度(病期・ステージ)を決定するための検査

治療方針を決定するためには、がんがどの程度進行しているのかを正しく見極めることが必要です。関連記事「肺がんの治療」で触れたように、肺がんはその進行の度合いによって、ステージIからステージIVまで4つの病期に分類されます。現在、肺がんのステージを診断するうえで特に有効とされているのは次の検査です。

  • PET/CT
  • 超音波気管支鏡下針生検(EBUS-TBNA)
  • MRI検査

それぞれの検査の詳細について

PET/CT

PET:Positron Emission Tomography (陽電子放出断層撮影)はブドウ糖ががんに集まる性質を利用して全身を一度に調べることができます。
CT:Computed Tomography(コンピューター断層撮影)はX線を使って体を輪切りにしたような詳細な画像をつくります。
PETは代謝の異常を、CTは形状の異常をみることができ、それぞれに得手・不得手があります。この両方の検査を組み合わせることで、がんの転移の状態を高い精度で調べることができます。

PET-CT画像

PET-CT画像

肺がんのステージ分類においてPET単独装置とPET/CT合体装置の成績比較をしたところ、PET/CT合体装置のほうが優れていたという報告があります。また、従来は骨への転移を調べるために骨シンチグラグラフィという検査が用いられていましたが、PET/CTで代替が可能なため、骨シンチグラグラフィを省略することができます。

超音波気管支鏡下針生検(EBUS-TBNA)

EndoBronchial UltraSound-guided TransBronchial Needle Aspirationの略でEBUS-TBNAと呼ばれる検査です。超音波検査のプローブ(探触子)がついた気管支鏡を挿入し、組織を針で採取します。縦隔(じゅうかく)リンパ節への転移の有無を90%以上の高い精度で診断することが可能です。組織を採取する検査は切開や痛みを伴う場合が少なくありませんが、この検査方法は患者さんの負担が比較的少ない低浸襲な検査といえます。

また、同じように組織を採取するための検査でより外科的な手法として、胸腔鏡下生検(きょうくうきょうかせいけん)というものがあります。これは関連記事「肺がんの手術」の胸腔鏡下手術を兼ねたもので、診断の結果が肺がん(非小細胞がん)の場合はそのまま手術に移行することができます。このため超音波気管支鏡下針生検とは異なり、全身麻酔下で行います。

MRI検査

Magnetic Resonance Image:磁気共鳴画像の略。磁場の中で起こる体内の水素分子の振動をコンピューターで解析し、詳細な画像を作ります。CTだけでは分かりにくい頭部や骨への転移を調べるためには有効な検査です。より正確な診断を行うため、ガドリニウム造影剤を静脈から注射する造影MRIが用いられます。

肺がんの脳転移MRI画像
肺がんの脳転移MRI画像

 

記事1:肺がんの治療―ステージごとの治療法
記事2:肺がんの手術―手術の種類と術後の生存率
記事3:肺がんの検査―検診からステージ診断まで
記事4:肺がんの症状―初期症状や自覚症状の解説
記事5:肺がんの原因と予防法―肺がんにならないためには

日本で最も古く肺がん治療に伝統のある東京医科大学外科第一講座で、長年にわたり指導的立場で診療に従事してきた。気管支鏡専門医、細胞診専門医として診断を行い、呼吸器外科指導医としては現在まで2,000例以上の肺がんの手術を執刀した。1980年より全国に先駆けて胸腔鏡を用いた診断・治療を行い、肺がんに対しても、より侵襲の少ない手術を行っている。肺がんの化学療法にも力を入れており、呼吸器疾患における最新の診断・治療の実施をめざしている。

「肺がん」についての相談が16件あります

関連記事