インタビュー

気管支鏡による肺がんの検査

気管支鏡による肺がんの検査
宮澤 輝臣 先生

聖マリアンナ医科大学呼吸器内科 特任教授

宮澤 輝臣 先生

気管支鏡(気管支ファイバースコープ)ではさまざまな検査をすることができます。気管支鏡を使った肺がんの検査について、呼吸器インターベンションのパイオニアである聖マリアンナ医科大学呼吸器内科特任教授の宮澤輝臣先生にお話をうかがいました。

気管支鏡による検査とは

組織や細胞などの検体を採取する方法によって、次のような検査の種類があります。

  1. 直視下経気管支生検、擦過細胞診
  2. 肺野末梢病巣生検、擦過細胞診
  3. 経気管支針生検
  4. 経気管支肺生検(TBLB)
  5. 気管支肺胞洗浄(BAL)
  6. 超音波気管支鏡下縦隔リンパ節穿刺(EBUS-TBNA)
  7. ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)

気管支鏡による肺がんの検査とは

細胞診

肺がんの検査では気管や気管支、肺の内部を観察するとともに、病変部の組織を採取して細胞診(さいぼうしん・細胞を顕微鏡で直接観て診断すること)を行うことがあります。がんが疑われる病変の部位や大きさ、進行の状態などを観察し、採取した組織で細胞診を行うことで、がんであるかどうかの確定診断が可能です。

EBUS-GSではごく細い内視鏡を使うので、肺の末梢にある病変まで超音波プローブが到達し、リアルタイムに画像を見ながら組織を採取できます。

蛍光気管支内視鏡検査

また、最近注目されている検査方法として「蛍光気管支内視鏡検査」があります。気管支の正常な組織は、ある特定の波長の光に反応して光る「自家蛍光」という性質を持っています。がんができると、その性質が失われて自家蛍光が起きなくなります。自家蛍光を促進する特定の波長の光を当てると、正常な組織は緑色に光り、がんの周りは黒っぽく見えます。

早期のがんや、がんの前段階の病変もとらえることができるというメリットがありますが、炎症を起こしているだけでも自家蛍光が弱まるため、以前はがんと区別がつきにくい場合がありました。しかし最新機種では血管のヘモグロビンに吸収されやすい緑色の波長の光を使うことで炎症とがんの違いが見分けられるようになっています。

狭帯域光観察(NBI: Narrow Band Imaging)内視鏡検査

血液中のヘモグロビンに吸収されやすいように狭帯域(Narrow Band)化された2つの波長の光を照射することで、粘膜の毛細血管を浮かび上がらせます。がん病変で毛細血管が異常に発達している様子をとらえることができます。

記事1:気管支鏡とは―呼吸器インターベンションに用いる内視鏡
記事2:気管支鏡による肺がんの検査
記事3:肺がんのレーザー治療とは
記事4:肺がんのステント治療とは
記事5:肺がんの名医が語る肺がん治療法「呼吸器インターベンション」とは

受診について相談する
  • 聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科 特任教授

    宮澤 輝臣 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 宮澤 輝臣 先生の所属医療機関

    聖マリアンナ医科大学病院

    • 内科アレルギー科血液内科リウマチ科外科精神科神経内科脳神経外科呼吸器外科消化器外科腎臓内科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科放射線科麻酔科乳腺外科呼吸器内科循環器内科消化器内科
    • 神奈川県川崎市宮前区菅生2丁目16-1
    • 小田急線「向ヶ丘遊園駅」 バスの利用も可能(小田急バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、または、あざみ野駅行 聖マリアンナ医科大学下車、所要時間約20分) 車12分東急田園都市線「宮前平駅」 バスの利用も可能(市営バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、所要時間約20分) 車13分
    • 044-977-8111
    Noimage s150x150

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が21件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「肺がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。