【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 1e4cd9b5 6fb3 42d7 afcf b61af0d68a9f
気管支鏡による肺がんの検査
気管支鏡(気管支ファイバースコープ)ではさまざまな検査をすることができます。気管支鏡を使った肺がんの検査について、呼吸器インターベンションのパイオニアである聖マリアンナ医科大学呼吸器内科特任教授...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

気管支鏡による肺がんの検査

公開日 2015 年 09 月 13 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

気管支鏡による肺がんの検査
宮澤 輝臣 先生

聖マリアンナ医科大学呼吸器内科 特任教授

宮澤 輝臣 先生

気管支鏡(気管支ファイバースコープ)ではさまざまな検査をすることができます。気管支鏡を使った肺がんの検査について、呼吸器インターベンションのパイオニアである聖マリアンナ医科大学呼吸器内科特任教授の宮澤輝臣先生にお話をうかがいました。

気管支鏡による検査とは

組織や細胞などの検体を採取する方法によって、次のような検査の種類があります。

  1. 直視下経気管支生検、擦過細胞診
  2. 肺野末梢病巣生検、擦過細胞診
  3. 経気管支針生検
  4. 経気管支肺生検(TBLB)
  5. 気管支肺胞洗浄(BAL)
  6. 超音波気管支鏡下縦隔リンパ節穿刺(EBUS-TBNA)
  7. ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)

気管支鏡による肺がんの検査とは

細胞診

肺がんの検査では気管や気管支、肺の内部を観察するとともに、病変部の組織を採取して細胞診(さいぼうしん・細胞を顕微鏡で直接観て診断すること)を行うことがあります。がんが疑われる病変の部位や大きさ、進行の状態などを観察し、採取した組織で細胞診を行うことで、がんであるかどうかの確定診断が可能です。

EBUS-GSではごく細い内視鏡を使うので、肺の末梢にある病変まで超音波プローブが到達し、リアルタイムに画像を見ながら組織を採取できます。

蛍光気管支内視鏡検査

また、最近注目されている検査方法として「蛍光気管支内視鏡検査」があります。気管支の正常な組織は、ある特定の波長の光に反応して光る「自家蛍光」という性質を持っています。がんができると、その性質が失われて自家蛍光が起きなくなります。自家蛍光を促進する特定の波長の光を当てると、正常な組織は緑色に光り、がんの周りは黒っぽく見えます。

早期のがんや、がんの前段階の病変もとらえることができるというメリットがありますが、炎症を起こしているだけでも自家蛍光が弱まるため、以前はがんと区別がつきにくい場合がありました。しかし最新機種では血管のヘモグロビンに吸収されやすい緑色の波長の光を使うことで炎症とがんの違いが見分けられるようになっています。

狭帯域光観察(NBI: Narrow Band Imaging)内視鏡検査

血液中のヘモグロビンに吸収されやすいように狭帯域(Narrow Band)化された2つの波長の光を照射することで、粘膜の毛細血管を浮かび上がらせます。がん病変で毛細血管が異常に発達している様子をとらえることができます。

記事1:気管支鏡とは―呼吸器インターベンションに用いる内視鏡
記事2:気管支鏡による肺がんの検査
記事3:肺がんのレーザー治療とは
記事4:肺がんのステント治療とは
記事5:肺がんの名医が語る肺がん治療法「呼吸器インターベンション」とは

呼吸器内科医として、特に肺がんによる気道狭窄・ステント留置など呼吸器インターベンションのパイオニア。またCOPDの気管支バルブ治療や気管支喘息のサーモプラスティなど新しい内視鏡治療にも取り組んでおり、多くの患者さんを悩ませているこの分野の発展に大きく貢献している。

関連記事