【インタビュー】

肺がん検診の精密検査としてのCT、気管支鏡検査

公開日 2015 年 08 月 03 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

肺がん検診の精密検査としてのCT、気管支鏡検査
奥仲 哲弥 先生

山王病院 副院長 呼吸器センター長

奥仲 哲弥 先生

肺がん検診におけるスクリーニング検査(胸部X線検査、喀痰検査)で異常が見られた場合、精密検査が行われます。精密検査には、主に「CT検査」と「気管支鏡検査」が実施されますが、ここでは普段聞きなれない「気管支鏡検査」について、山王病院副院長・奥仲哲弥先生により詳しく解説していただきました。

それぞれの検査の特徴

①CT検査

CTとは、簡単に言えば体内を輪切り状態にしてX線撮影する検査です。胸部X線検査より詳細に、小さい陰影を見つけることが出来ます。

②気管支鏡検査

  • 気管支鏡検査とは?

気管支ファイバースコープという5mm程の細くて柔らかい管を、口または鼻から挿入し、肺や気管支の中をのぞき見る機械です。胃カメラと同じような構造ですが、胃カメラと比較して相当細いものになっています。

気管支ファイバースコープ

気管支ファイバースコープ

肺がんの診断も含め、気管支や肺の病気を正確に診断するための検査です。この検査は気管支や肺の状態を確認するとともに、組織や細胞、分泌物などの検体を採取するために行われます。

進化する気管支鏡

気管支鏡検査は今や進化し、様々なものが開発されており、肺がん診断においても応用されています。

(1)自家蛍光気管支鏡

特殊な光を当てて、がんの場所が分かりやすくなるようにした気管支鏡です。
肉眼では確認できない病巣も、自家蛍光気管支鏡で確認できるようになります。

左:肉眼像 右:自家蛍光気管支鏡

左:肉眼像 右:自家蛍光気管支鏡

  • (左)早期がんは正常と区別がしにくく、専門医でも見逃すこともあります。
  • (右)自家蛍光気管支鏡では、がんの部分に相応して赤紫色に見えます。

(2)バーチャル気管支鏡

事前にCT画像を読み込んでおいてその画像を3D構築し、ターゲット(病巣)までの道筋を明確に表示します。気管支鏡を用いた生検(組織を少量とること)が難しいのは、気管支が樹木のように枝分かれし、末梢の病変までたどりつけないからです。胃全体が見られる胃カメラとは大きな違いで、この問題をバーチャル気管支鏡が解決しつつあります。

(3)超音波気管支鏡(EBUS-TBNA)

先端に超音波を発する部分を持つ気管支鏡です。病巣を確認しながら生検(患者さんの体内から生きた組織の一部を取り出して検査を行い、診断を確定すること)や治療が行えます。主にリンパ節転移の有無の診断に用いられます。

気管支鏡検査のタイミング

気管支鏡検査は侵襲性(生体を傷つける可能性があり、患者さんの体内環境の恒常性を乱すおそれ)が高い検査であり、少なくとも一番初めに行われる検査ではありません。がんの疑いが強まり診断を確定する場合に用いられます。基本的に1ないし2泊程度の入院で行われることが多いです。気管支鏡検査には熟練した技術が必要であり、正確かつ安全に気管支鏡を扱える専門医は限られています。「日本呼吸器内視鏡学会専門医」という資格を持っている医師を病院のHP等で検索して下さい。

気管支鏡検査
気管支鏡検査

 

記事1:肺がんの早期発見のために肺がん検診が重要。X線検査、喀痰検査のススメ
記事2:肺がん検診の精密検査としてのCT、気管支鏡検査
記事3:早期肺がんの治療法 治療の選択肢を多く持つこと
記事4:早期がんの最新低侵襲治療 PDTとは?

関連記事

「肺がん」
のページへ