インタビュー

認知症の治療を始める時期

認知症の治療を始める時期
東京慈恵会医科大学 精神医学講座 教授/東京慈恵会医科大学附属病院 メモリークリニック診療部長 繁田 雅弘 先生

東京慈恵会医科大学 精神医学講座 教授/東京慈恵会医科大学附属病院 メモリークリニック診療部長

繁田 雅弘 先生

「父のもの忘れはまだ軽いです。どのくらいまで進んだら治療を始めたらいいですか?」―この問いかけは、家族や周囲の方が認知症について抱いている懸念を象徴するものでしょう。しかし、私たちは皆、すでにその答えを知っているはずなのです。首都大学東京 大学院 人間健康科学研究科教授の繁田雅弘先生は、私たちがそのことに気づくことができるよう、ある質問を用意されています。あなたなら、その問いにどう答えるでしょうか。

あなたなら、どの段階で治療を始めたいですか?

現在の医療では認知症は治すことはできませんし、進行を止めることもできません。しかし、治療によって進行を遅らせることはできます。あなたなら、どの段階から認知症の進行を遅らせたいと思いますか?

  1. 自分しか分からない段階
  2. 家族や親しい人だけが気づく段階
  3. 周りの人が誰でも気づく段階
  4. 仕事や家事に失敗する段階
  5. 日常生活に失敗する段階
  6. 身の周りのことに手助けが必要な段階

市民講座など、一般の方を対象にした場でこのように尋ねると、ほとんどの方が1番最初の「自分にしか分からない段階」で治療を開始し、進行を遅らせたいと答えます。この段階で診断をすることはたいへん難しいことですが、もし診断ができたら治療を受けたいと思う人が多いということです。

もの忘れが心配で医療機関を受診したが診断がつかないという方であっても、ていねいにお話をうかがった結果、年々悪くなっていることがわかった場合には、その段階で認知症を疑って(軽度認知障害などと判断される段階です)、ご本人と相談して治療を開始することがあります。そのときに、「もし周りの人が誰も気づいていないとしたら、あなたと私の二人だけの秘密にして治療したいと思いませんか?」と尋ねることができたら、多くの人が治療を受けたいと考えるのではないでしょうか。認知症だということを誰にも知られずに棺桶に入る―俗にいう「墓場まで持っていく」ことができるなら、それを希望する人は多いでしょう。

しかし家族の方としては、まだ今はひとりで身の回りのこともできているし、もう少し様子をみてからでも・・・という考えになりがちです。それはやはりご本人にとっては残念なことではないでしょうか。多くの方にとって、認知症の大変さというのは、上に示した5番目や6番目、つまり「日常生活に失敗する」「身の周りのことに手助けが必要」という段階にさしかかって初めて意識されるのではないでしょうか。しかし、認知症は初期からこれだけの段階を経て進行するものだということも知っておいていただきたいのです。

一方で、認知症だと言われたくない・認めたくないというご本人の気持ちもあるでしょう。たとえば絶対に病院には行かないという覚悟があって、それを貫こうとされる方を無理やり連れて行くべきではないと考えます。しかしそれと同時に、後になって「もっと早い段階で治療を受けておきたかった」と後悔することがあってはなりません。先に述べたようなことを知った上で、皆さんが選択されるのであれば、それは尊重されるべきであると考えます。