【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 0571a70d e7e7 4a08 be19 dd23cdb4ca75
認知症予防にビタミンが効く?
高齢化社会の進行とともに、認知症の患者数は加速度的に増加し、2013年には462万人に達したと報道されています。認知症はどのように防げばよいのでしょうか。今回は認知症予防とビタミンの関わりについ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

認知症予防にビタミンが効く?

公開日 2015 年 06 月 16 日 | 更新日 2018 年 04 月 23 日

認知症予防にビタミンが効く?
濱野 忠則 先生

福井大学第二内科・認知症医学推進講座 准教授 神経内科長

濱野 忠則 先生

高齢化社会の進行とともに、認知症の患者数は加速度的に増加し、2013年には462万人に達したと報道されています。認知症はどのように防げばよいのでしょうか。今回は認知症予防とビタミンの関わりについて、ご紹介します。

ビタミン不足が認知症の原因に

認知症の原因のうち、頻度の高いものとしては以下の4つが挙げられます。

  • アルツハイマー病
  • レビー小体型認知症
  • 血管性認知症
  • 前頭側頭葉型認知症

これらの認知症は現在は根本的な治療が困難で、治療は対症療法が中心となります。
しかしそれ以外にも、治療が可能な認知機能が低下する疾患としては、さらに以下の4つがあります。

  • 慢性硬膜下血腫
  • 甲状腺機能低下症
  • 正常圧水頭症
  • ビタミン欠乏症

なかでもビタミン欠乏症(特にビタミンB12、そして葉酸欠乏症)は認知症の原因として重要であると指摘されています。なぜなら、頻度は決して低くなく(筆者らの物忘れ外来では約3%)、そして見逃されやすく、さらに、不足しているビタミンの補充により症状の改善が比較的早期からみられるからです。ここでは、ビタミンと認知症の関係について、ご紹介します。

高ホモシステイン血症とは?

ビタミンB12や、葉酸の欠乏によって、メチオニン合成酵素が活性型になりません。メチオニン合成酵素が働かないと、ホモシステインをメチオニンに変換することができなくなり、体内にどんどんホモシステインがたまり高ホモシステイン血症となるのです。

同じくビタミンB6欠乏でも、ホモシステインをシスタチオニンを介してグルタチオンに変えることができず、同じく高ホモシステイン血症になります。

なお、メチオニンは必須アミノ酸の一つであり、コレステロールを下げ、活性酸素を取り除く作用があります。グルタチオンも同様に活性酸素を取り除く作用があります。反対にホモシステインは酸化ストレスを生じさせ、動脈硬化を引き起こす原因となるのです。

葉酸サイクルとホモシステイン・メチオニンサイクル
葉酸サイクルとホモシステイン・メチオニンサイクル

高ホモシステイン血症は、動脈硬化を促進しますので、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作)を引き起こす原因となります。さらに、高ホモシステイン血症はアルツハイマー病をはじめとする認知症を引き起こす原因であることが判明しました*1。

高ホモシステイン血症が引き起こすもの
高ホモシステイン血症が引き起こすもの

ホモシステインを下げるためにビタミン剤を単剤投与した研究も多いのですが、残念ながら脳卒中、心筋梗塞、認知症に対する予防効果は明らかではありませんでした。しかし最近の研究でビタミンB6、B12、そして葉酸を同時に投与すると脳の萎縮の進行が遅くなることが報告されたのです*2。

認知症を予防するにはバランスのよい食事を

食物中では、ビタミンB6はレバー、まぐろ、かつおに、ビタミンB12は貝類(あさり、しじみ)、レバー、海苔に、そして葉酸はレバー、うなぎ、緑黄色野菜に多く含まれていることが知られています。つまり、これらのビタミンB6、B12、葉酸が豊富な食事を偏りなくとることが重要です。

認知症予防には、規則正しい生活(早寝、早起き、朝ご飯)と、適度な運動(一日3000歩~5000歩の散歩など)、新聞を読み、日記を付ける。そして偏りのない食事を摂取するとよいと考えられています。みなさんも難しく考えすぎず、日常生活から気軽に認知症を予防しましょう。

参考文献

  1. Plasma homocysteine as a risk factor for dementia and
    Alzheimer’s disease. N Engl J Med, (2002)
  2. Preventing Alzheimer’s disease-related gray matter atrophy by B-vitamin
    treatment. Proc Natl Acad Sci U S A, (2013)
  3. Homocysteine Increases Tau Phosphorylation, Truncation and Oligomerization. Int J Mol Sci. (2018)

メイヨークリニックでの研究を経て、現在では福井大学第2内科で准教授を務める。神経内科専門医として、多くの神経難病患者の診察にあたってきた。また、物忘れ外来にて1000名以上の認知症患者さんの診察経験を有する認知症のエキスパート。アルツハイマー病タウ蛋白の研究をライフワークとしている。

関連の医療相談が21件あります

関連記事