【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 12ef3682 3fea 42c7 876f 68f0da37d86e
認知症の相談先や接し方-認知症治療への最初の一歩を踏み出すために
ご家族が認知症かもしれないと思ったとき、どこに相談したらいいのか分からないという問題があります。また、病院に行くことをご本人が同意しない場合もあります。そんなとき、どのように対処すればよいのでし...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

認知症の相談先や接し方-認知症治療への最初の一歩を踏み出すために

公開日 2016 年 03 月 28 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

認知症の相談先や接し方-認知症治療への最初の一歩を踏み出すために
繁田 雅弘 先生

東京慈恵会医科大学 精神医学講座

繁田 雅弘 先生

ご家族が認知症かもしれないと思ったとき、どこに相談したらいいのか分からないという問題があります。また、病院に行くことをご本人が同意しない場合もあります。そんなとき、どのように対処すればよいのでしょうか。首都大学東京 大学院 人間健康科学研究科教授の繁田雅弘先生にお話をうかがいました。

父が認知症のようです。どこに相談したらよいですか?

地域や自治体によって異なりますが、相談できる窓口としては次のようなところがあります。

  • 地域の包括支援センター
  • かかりつけ医・認知症サポート医
  • 市役所・区役所(保健予防課、保健センターなど)
  • 認知症の人と家族の会(本部・支部)
  • 精神科専門病院の医療相談室
  • オレンジ・カフェ(認知症カフェ)、当事者の会

大切なことは、最終的に医療機関の受診や介護保険の利用にうまくつながるということです。たとえばかかりつけ医のところでは専門外できちんと診てもらえなかったり、大学病院では外来の予約日がずっと先になってしまったりすることがあるかもしれません。また、どの病院、どの診療科を受診したらよいかといったことも一般の方には分かりにくい部分です。

本来ならば、どこに相談しても適切な医療機関につながるような仕組みが整えられていることが望ましいのですが、まだ整備が進んではいません。普段から利用している行政サービスの窓口など、比較的敷居の低いところを利用することで、受診先の紹介やご本人の後押しにつながることがあるかもしれません。

精神科の専門病院などでは、やはり敷居が高いと感じる方が多いと思います。受診相談の窓口を設けている病院もありますので、まずはそこに連絡してみるというのもひとつの方法です。オレンジ・カフェ(認知症カフェ)というのは、孤立しがちな認知症の方やそのご家族・地域の方・介護スタッフなどが集まってお茶を飲みながら交流できる場所です。皆さんが一番行きやすいところで構いません。ぜひ参考にしてみて下さい。

「病院へ行きたくない」といわれたとき

「父はもの忘れがひどいです。でも、病院へ行くのを嫌がります。どうしたらいいでしょうか?」

ご家族はさぞ困っておられることでしょう。こんなとき、ご本人を何とかなだめすかして、あるいは別の口実を作って病院へ連れて行くことを考えてしまいがちです。もちろん、病院に行っていただくことが望ましいのですが、その前に考えていただきたいことがあります。

ご本人は自分の変化に気付いていないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。

「認知症かもしれないが、考えたくない」

「人から認知症だと言われたくない」

「人から認知症だと思われたくない」

「まともに話をしてもらえなくなるのではないか」

「一人前の人間として接してくれなくなるのではないか」

「何か想像外の恐ろしいことを宣言されやしまいか」

「自分の複雑な気持ちを理解してもらえないのではないだろうか」

「うまく現状を伝えることができるだろうか」

「ちゃんと話を聴いてもらえるのだろうか」

自分が認知症かもしれないと思ったとき、誰にでもこのような気持ちが必ずあるはずなのです。そのことを踏まえた上で話をすれば、かける言葉も自ずと違ってくるでしょう。

ご本人のいないところで家族が相談をして、病院へ連れて行く算段をつけるようなことは決してあってはなりません。遺恨やわだかまりを残すことになりますし、何よりもご本人がひとりの人間として尊重されていないという、見捨てられたような気持ち、あるいは絶望感を抱くことにもなりかねません。

では、ご本人の気持ちを踏まえた上で、実際にはどのような方法が考えられるでしょうか。まず家族の心配をご本人に繰り返し伝えることが大切です。困惑や不安な気持ちを汲んだ上で呼びかける言葉であれば、説得力も違ってくるのではないでしょうか。あるいは、信頼しているかかりつけの医師がいる場合には、その先生から促してもらうというのもひとつの方法です。息子や娘の言葉には反発するけれど、可愛がっている孫の言うことなら素直に聞くという方もいるでしょう。家族や親類の中で、ご本人がもっとも信頼している人から話してもらうと有効な場合があります。

「今はまだ大丈夫だけれど、この先ボケないように予防のために病院へ行こう」 といった説得の仕方も、時にはやむを得ないかもしれません。しかし、後になって嘘だったと分かってしまうようなことは、なるべくしたくないものです。仲の良いご夫婦であれば「私も一緒に受けるから、あなたも一緒に行きましょう」といって、夫婦揃って脳ドックの検査を受けるというのもよい方法かもしれません。

 

認知症診療の第一人者。学会活動のみならず東京都認知症対策推進会議など都の認知症関連事業や、専門医やかかりつけ医の認知症診療の講習や研修に長く関わり、市民向けの講演活動も精力的に行なっている。

関連の医療相談が21件あります

関連記事