【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 ed6542d4 aba6 4ce2 b688 8bf310e562f9
冠動脈治療の最新法 冠動脈カテーテル治療とは
狭心症や心筋梗塞は、心臓に血液を供給する冠動脈が狭くなり、心臓を動かすために血液が不足することによって起こります。再び血流を回復させる治療法には、バルーンやステントで狭くなった部分を拡げるカテー...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

冠動脈治療の最新法 冠動脈カテーテル治療とは

公開日 2016 年 01 月 27 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

冠動脈治療の最新法 冠動脈カテーテル治療とは
田中 博之 先生

東京都立多摩総合医療センター 循環器内科 部長

田中 博之 先生

狭心症心筋梗塞は、心臓に血液を供給する冠動脈が狭くなり、心臓を動かすために血液が不足することによって起こります。再び血流を回復させる治療法には、バルーンやステントで狭くなった部分を拡げるカテーテル治療と、病変部を迂回して血管をつなぐバイパス手術があります。東京都立多摩総合医療センター循環器内科部長の田中博之先生に、カテーテル治療とバイパス手術についてお話をうかがいました。

冠動脈カテーテル治療とはどのような手術?

一般にカテーテル治療と呼ばれている治療法は、専門的には経皮的冠動脈形成術(Percutaneous Coronary Intervention; PCI)といいます。開胸手術ではなく、カテーテルを用いて行う低侵襲(手術に伴う患者さんの負担が少ないこと)の手術で、バルーンやステントによって血管の狭くなっているところを拡張します。

●バルーン形成術

先端にバルーン(風船)が付いたカテーテルを鼠頚(そけい)部や腕、手首などの血管から挿入して冠動脈まで導き、バルーンを拡張させて、冠動脈の内側から狭窄部を押し広げる方法です。最近ではより細いカテーテルで治療できるように材質なども進歩しているため、手首の親指側、橈骨(とうこつ)動脈からカテーテルを挿入することが多くなっています。

●ステント留置術

ステントと呼ばれる直径2〜4mmの金属製の網状のチューブをカテーテルで狭窄部まで運び、バルーンで拡張させてステントを留置する治療法です。 バルーンは機械的に血管を拡げるものですが、一時的に拡げるだけなのでバルーンがしぼむと血管もやがて狭まってしまいます。また、無理やり拡げると血管に傷がつくため、傷口を修復する過程で血管の内腔がさらに狭くなってしまいます。それを解決したのがステントです。

バルーン血管形成術と冠動脈ステント留置術の比較図

●冠動脈バイパス治療

血管の病変部はそのままにして、きれいなところへ迂回して血管をつなぎ合わせる手術を行います。従来は脚の静脈を移植していましたが、最近では肋骨の裏側に左右1対ある動脈を、肋骨から剥がして使用しています。

冠動脈カテーテル治療と冠動脈バイパス治療の違い、比較

●冠動脈カテーテル治療(PCI)

・局所麻酔で行う治療

・低侵襲、短時間で治療できる。入院日数も短い

・カテーテル検査に続いて治療を連続的に行うことができる

・再狭窄の可能性があり、ごくまれにステントに血栓が付着して閉塞することもある

●冠動脈バイパス治療(CABG)

・全身麻酔で行う外科的治療

・侵襲性は高い。ただし心停止下冠動脈バイパス手術(CCAB)より低侵襲な心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB)が開発され、現在はこちら側が一般的に行われている

PCICABGのどちらが優れているか?

重症病変を対象とした大規模試験(SYNTAX trial)による術後5年の成績比較の結果では、心血管イベントの発生率についてはCAGBが優れているとされました。しかしどちらの治療でも生存率に差はありませんでした。

  • 軽症例(病変部位が少ない、重要な部位に狭窄がない)では主にPCIを選択
  • 重症例(病変部位が多い、重要な部位に狭窄がある)では状態に応じてPCIかCABGのどちらかを選択

冠動脈カテーテル治療(PCI)と冠動脈バイパス治療(CABG)のそれぞれに長所・短所があるため、患者さんや血管の状態を診たうえでディスカッションをし、最終的には患者さんに説明をしてご判断いただくことになります。

現在の冠動脈カテーテルの最新治療

●薬剤溶出ステント(DES: Drug-Eluting Stent)

細胞増殖抑制剤など、細胞の増殖を抑制する働きのある薬剤を、溶出するポリマーでコーティングしているものです。傷口を修復しようとして細胞が増殖することを防ぎ、血管が再び狭くなることを予防します。

薬剤溶出ステントが使われる以前の従来型ステントは約15%の割合で再狭窄がみられましたが、薬剤溶出ステントでは再狭窄は5%程度になりました。その一方で、ステントの金属が露出したままになるため、ステント留置後に血栓ができることを防ぐ抗血小板薬を2剤併用で使用する期間は、従来のステントに比べてより長くなります。

●生体吸収性薬剤溶出スキャフォールド(BVS: Biodegradable Vascular Scaffold)

生体吸収性薬剤溶出スキャフォールドは血管内に留置されステントのように機能しますが、1年程度で溶けて生体内に吸収されます。海外ではすでに使われており、日本でも1~2年内には承認が取れ、使えるようになる見通しです。

心臓救急医療の専門家。特に急性心筋梗塞、不安定狭心症の臨床を専門としており、多数の冠動脈カテーテル手術を手掛けている。所属する東京都立多摩総合医療センターは都内でも有数の実績があり、毎年多数の研修医が集まる。

「狭心症」についての相談が18件あります

関連記事