【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 4ff0d2b4 d2fc 4ac0 88c8 301f02783bf7
糖尿病の治療ー糖尿病と診断された人が最初にするべき3つのこと
糖尿病と診断された方が、受ける治療と、患者さんがすべきことについてお伝えしたいと思います。糖尿病の治療には食事療法、運動療法、薬物療法など様々なものがあり、初診時の状態次第で治療も異なるため、注...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

糖尿病の治療ー糖尿病と診断された人が最初にするべき3つのこと

公開日 2015 年 03 月 17 日 | 更新日 2017 年 05 月 07 日

糖尿病の治療ー糖尿病と診断された人が最初にするべき3つのこと
矢島 賢 先生

国家公務員共済組合連合会立川病院内科医長

矢島 賢 先生

貴田岡 正史 先生

イムス三芳総合病院 内分泌内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター長

貴田岡 正史 [監修]

菅野 一男 先生

医療法人社団桜一会かんの内科院長

菅野 一男 [監修]

糖尿病と診断された方が、受ける治療と、患者さんがすべきことについてお伝えしたいと思います。

糖尿病の治療には食事療法、運動療法、薬物療法など様々なものがあり、初診時の状態次第で治療も異なるため、注意が必要です。

1:糖尿病の治療を理解することが大切

糖尿病の治療は、糖尿病を理解することから始まります。糖尿病は初期段階では無症状であるため、なぜ治療が必要なのか理解しづらいのではないかと思います。

しかし、血糖値が高い状態が続くと危険な合併症を引き起こすので、最初から血糖コントロールをしっかり行うことが大切です。糖尿病によってリスクが高まるとされる心筋梗塞や脳梗塞などは、血圧コントロール、脂質コントロール、体重コントロールによってもその進展を抑えることが出来ます。

2:糖尿病の治療開始前に生活習慣を振り返る

まずは今までの生活習慣を振り返りましょう。その中から主治医と一緒に改善するべき点をさがし、できることから少しずつ改善していくことが大切です。

例えば、夏であれば糖分がたっぷり入ったジュースやスポーツ飲料を過剰にとっている場合があるので、水に切り替えるよう指導します。これだけのことで血糖値が大きく改善する患者さんもいます。より身近で日常的な習慣であればあるほど実感しやすいと思います。最初の段階ではそういったものから改善していきましょう。

食事についても、担当のスタッフに聞いてみましょう。現在の食生活の問題点を把握した上で、食事はどんなメニューが良いのか、また食事で摂取する適切なエネルギー量についても指導を受けましょう。

運動不足や肥満がある場合には、運動を日常の中でより多く取り入れるようにします。例えば、通勤の際にいつもより1つ前の駅で降り歩く、ラジオ体操やストレッチを行うなど「いつでも、どこでも、ひとりでも」行える運動をとり入れます。ただし、糖尿病と診断されたからといっていきなり無理な運動をするのは危険なことがあり、注意が必要です。

3:眼科と歯科を受診する―合併症の評価(他科受診)

初診が済んだら、糖尿病の合併症で発症する可能性が高いものがないか、必ず他科でも診察を受けましょう。合併症は、細小血管障害である網膜症、腎症および神経障害と、大血管障害である冠動脈疾患、脳血管障害および末梢動脈疾患に分類されます。

眼の状態のチェック

糖尿病と診断されるまでの間に何年も血糖値の高い状態が続いている場合があります。そのような方は初診の時点で眼に網膜症という病変が生じていることも多く、放っておくと失明することがあります。必ず眼科を受診し、眼底の評価をすることが必須です。

眼の状態のチェック

歯周病と糖尿病は密接な関係にあります。両方をきちんと評価し、コントロールすることにより双方に良い影響を与えます。糖尿病と診断されたら必ず歯科を受診しましょう。

入院する場合は、生活を見つめなおすきっかけに

糖尿病と診断された段階で血糖値が著しく高い場合、主治医から入院を勧められる場合があります。その期間で集中的に検査を行うことができますし、ご自分の生活を見つめ直すという意味でも入院という手段は有効です。家事や仕事から少しの期間解放され、自分の生活を意識し、それに伴う血糖値などの動きも把握することが出来れば、それが病気に対する理解が深めるきっかけになります。入院期間中に、退院後の生活のイメージしておきましょう。

糖尿病および内分泌疾患の診療を専門とし、詳細な合併症の検索や丁寧な療養指導には定評がある。一般社団法人臨床糖尿病支援ネットワークにおいても活動し、地域の糖尿病診療のレベルアップに貢献している。

北多摩地域の中核病院である公立昭和病院の内分泌・代謝内科部長として地域に根差した糖尿病治療を実践。加えて、NPO法人西東京臨床糖尿病研究会理事長として、糖尿病治療情報の共有および治療標準化を目指して、専門医、開業医間のネットワークを構築、専門的知識を持つ人材の育成等の活動を行っている。

2008年4月1日に、三鷹駅南口に、糖尿病・内分泌疾患・内科専門の「かんの内科」を開設。東京医科歯科大学、武蔵野赤十字病院、糖尿病学会、内分泌学会などでの診療・活動を通じて培った経験を、糖尿病・高血圧症・高脂血症・甲状腺疾患・動脈硬化症(脳梗塞、狭心症・心筋梗塞、足壊疽)などで苦しんでいる患者さんの診療に役立てており、メタボリックシンドロームなどで明らかな症状のない方の動脈硬化を進ませないようにするためのアプローチにも重点をおいている。食事療法、運動療法を駆使し、必要に応じて最適な薬の選択を行い、元気に長く豊かな人生を楽しむためのサポートをするために経験豊富な専門医、専門看護師、管理栄養士、運動トレーナー、フットケア専門家が一体となっている。
内分泌専門医として、甲状腺疾患、下垂体・副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、先端巨大症、プロラクチノーマ、尿崩症など)の診断・治療を行う。

関連記事