新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
連載特集

2020年にもっとも読まれた記事ランキング―多く検索された症状、病気は?

公開日

2021年02月17日

更新日

2021年02月17日

更新履歴
閉じる

2021年02月17日

掲載しました。
F9c4890985

新型コロナウイルス感染症の影響により生活のあり方が大きく変化した2020年。そのような激動の1年のなかで、メディカルノートではどのような記事が多く読まれたのでしょうか。症状、病気、ニュースなどのジャンルごとに、アクセス数の多かった1〜10位までの記事(集計対象:2020年1月1日〜12月31日の期間)をご紹介します。

「症状」のジャンルでもっとも読まれた記事

症状のジャンルでは、体の痛みやしこりに関する記事が多く読まれました。上位の2つはどちらも体の背面の痛みです。症状の記事では、それぞれの状態に応じた「受診の目安」をご説明していますので、参考になさってください。

1位:背中が痛い

2位:肩甲骨が痛い

3位:脇腹が痛い

4位:陰部のしこり(女性)

5位:目の奥が痛い

6位:肋骨が痛い

7位:陰部が臭い(女性)

8位:足の甲が痛い

9位:足の付け根が痛い

10位:尾てい骨が痛い

「病気」のジャンルでもっとも読まれた記事

病気のジャンルでは、2020年に感染が拡大していた新型コロナウイルス感染症の記事がもっとも多く読まれました。そのほかに、熱中症やインフルエンザのような特定の季節に発生しやすい病気、あるいはADHDや川崎病など子どもによく見られる病気などの記事があります。

1位:新型コロナウイルス感染症

2位:帯状疱疹

3位:熱中症

4位:肺炎

5位:潰瘍性大腸炎

6位:自立神経失調症

7位:ADHD

8位:糖尿病

9位:インフルエンザ

10位:川崎病

「ニュース&ジャーナル」でもっとも読まれた記事

ニュース&ジャーナルでは、やはり新型コロナウイルス感染症に関する記事が多くランクインしました。そのほかには、女性の腹痛、ヘッドホン難聴、肝機能異常、顔のかゆみなどの記事があります。

写真:PIXTA

写真:PIXTA

1位:こんな「女性の腹痛」には気をつけて!

2位:ウイルスはこんな時にうつる! 自分も「新型コロナ?」と不安に思ったら

3位:新型コロナ予防にアルコールが有効な理由 ただし飲むのは…

4位:新型コロナウイルス 致死率はインフルエンザ並みか

5位:新型コロナの流行段階~終息の見通しと、今できること

6位:広がりつつある新型コロナウイルスからわが身を守るには

7位:「大きな音でなければ“ヘッドホン難聴”にはならない」が間違っている理由

8位:国内の事例から分かった新型コロナの深刻度~ウイルスとの戦いは年単位か

9位:γGTP上昇は「一生分のお酒を飲んでしまった」結果?!―肝機能異常と言われたら

10位:春は顔がかゆくなる…その原因は

「コンテンツ」でもっとも読まれた記事

コンテンツ(インタビューなど)の中では、新型コロナウイルス感染症の記事が3つランクインしています。中でも、初期症状や潜伏期間、子どもの感染に関する記事がよく読まれました。そのほか、首のしこりやリンパの腫れ、カンジダ症、感染性胃腸炎といった症状・病気に関する記事、やけどや鼻血など身近な症状の記事が多く読まれたようです。

1位:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の主な症状とは~初期症状と感染を疑った場合の対処方法、回復後も続く後遺症について解説~

2位:首のしこりやリンパ節の腫れの原因とは――​​症状別の原因疾患、何科を受診すべきか?

3位:新型コロナウイルス感染症の潜伏期間~潜伏期間中の感染者から人にうつる可能性とは~

4位:写真で見る男性の性器カンジダ症の具体的な症状

5位:感染性胃腸炎・急性胃腸炎とは? 症状や原因(ノロウイルスなど)、治療法を解説

6位:インフルエンザの潜伏期間はどのくらい? 発症前に気付くことは可能なのか

7位:家庭での局所的なやけどの応急処置、跡を残さず傷を早く治すための基礎知識

8位:鼻血がよく出る・止まらない原因は病気?病院に行ったほうがよい鼻血とは

9位:写真でみる膣カンジダ症の具体的な症状

10位:新型コロナウイルス感染症における子どもへの感染の可能性〜大人と子どもの違いとは〜

特集の連載一覧