S414x320 00d33174 caad 49d4 acf3 a0676a5e9f1b

ニュース

公開日 : 2017 年 08 月 23 日
更新日 : 2017 年 08 月 23 日

膵臓がんの早期診断プロジェクト『尾道方式』の成果とは?5年生存率が全国平均の3倍に

2007年より広島県尾道市で行われている、膵臓がんを早期診断するための『尾道方式』と呼ばれるプロジェクト。これは尾道市に従来から根付いている病診連携システムをうまく生かして、中核病院と連携施設が協力して膵臓がんの早期診断を目指す取り組みです。

このプロジェクトによって、尾道市の膵臓がんの患者さんの5年生存率(がんの治療を開始して5年後に生存している割合)は、全国平均の3倍近い20パーセントになりました。

『尾道方式』はどのように地域へ定着し、成果を上げたのでしょうか。引き続き、JA尾道総合病院 診療部長・内視鏡センター長の花田敬士先生にお話を伺いました。

『尾道方式』を効果的に実施するために

医師・スタッフの理解が不可欠

『尾道方式』を実践するためには、まずJA尾道総合病院内の医師をはじめ、院内スタッフの理解が不可欠でした。

そこで、院内で膵臓がんに関する知識を身につけてもらう機会を定期的に設けました。

また、膵臓がんにかかわる当院の診療科の医師が膵疾患のデータベースをつくり、情報共有を行っています。

医師・看護師・コメディカル

技術の向上によって確実に早期診断する

スクリーニングで膵管拡張や膵嚢胞がみられた場合に行う超音波内視鏡(EUS)の検査は、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)に比べると、鮮明な画像を得るために高い技術が必要となります。

2003年に内視鏡学会よりEUSの標準的なマニュアルが刊行されたことで技術的な水準は上がりましたが、当地区には熟練した術者がいませんでした。

そこで、全国のEUSのエキスパートの元へ伺い、繰り返しノウハウを教えていただきました。

また、磁気共鳴胆管膵管撮影法(MRCP)の画質の向上や、検査技師の献身的な協力により、膵臓の異常に速やかに気づき、ステージ0の上皮内がんを診断できるようになりました。

併せて超音波検査(US)や細胞診に関しても、診断率の向上のためにスタッフとの教育・啓発・協働を行いました。

『すいがん教室』の開催

JA尾道総合病院では、どなたでも気軽に参加いただける『すいがん教室』を開催し、膵臓がんの早期診断のための啓発や、膵臓がんに関する知識の共有を行っています。早期発見の価値について理解し、さらに『尾道方式』へのモチベーションを高めてもらうという目的があります。

『すいがん教室』は国立がん研究センター中央病院で発足し、次第に全国の施設で取り組みが始まっており、2011年からは教室運営のためのワークショップも開催されています。

「すいがん教室」の様子

『尾道方式』を尾道市医師会のオフィシャルプロジェクトへ

長年の準備期間を経て、2007年に膵臓がんの早期診断プロジェクト『尾道方式』がスタートすると、膵臓がんの危険因子を持つ方々の検査・受診の数が増えてきました。しかし、JA尾道総合病院内だけで『尾道方式』を行うには限界があるため、この取り組みを尾道市全体に拡散する必要がありました。

尾道市医師会への呼びかけ

尾道市医師会を巻き込んで『尾道方式』を実施できないかと考えた私は、尾道市医師会End-of-life-careシステム検討委員会(尾道市医師会の各種プロジェクトを統合し、地域包括ケアシステムを整備するための委員会)でプロジェクトへの協力を呼びかけました。

尾道市医師会End-of-life-careシステム検討委員会は、主に終末期の患者さんを対象としている組織です。そのような場で膵臓がんの早期診断へ協力を呼びかけることに否定的な声もありました。しかし、当時医師会長であった片山 壽先生に趣旨を御理解いただき、尾道市医療担当副市長や広島県東部保健所長など保険行政に携わる立場の方たちにも、膵臓がんを早期診断することがいかに重要であるかお話しさせていただきました。

この結果、尾道市医師会の先生方にご理解いただき、JA尾道総合病院と尾道市立市民病院を中心に、尾道市医師会のオフィシャルなプロジェクトとして『尾道方式』を実施する体制を整えることができました。

『尾道方式』の取り組みは尾道市医師会のホームページでも紹介されています。

医師グループ

膵臓がんのページへ

連載記事

関連記事